起業を検討しているなら賃貸オフィスを借りよう|注意点を確認

PICK UP

最新記事一覧

オフィスを独占できる

オフィス

設備導入は大変

賃貸オフィスとは、主にオフィス全体を借りる形式の物件をさします。広いオフィスの中の一部分のみをパーテーションなどで区切って借りることをレンタルオフィスと呼ぶことがあり、それも広義には賃貸オフィスです。自社で物件を保有せず、賃貸で空間を借りる場合は賃貸オフィスと呼ぶことが一般的です。狭義の賃貸オフィスは空間を丸ごと独占するものを指すので、自分たちのオフィスであるという実感が得やすいのが特徴です。パーテーションで区切られたレンタルオフィスでは、設備をそろえる必要がなく賃料、初期費用ととにリーズナブルですが、間借りしているという肩身の狭さは拭えません。その点、空間を独占できるものだと自社スタッフで空間を占めているので会社を作ったのだという実感が得やすくなります。また、たいていは内装設備ともに自由にできるので、自分たちの思い通りの空間にすることもできます。ただこうした特徴からくるデメリットもあります。空間が広く独占度が強いことから、保証金や敷金などの初期費用、賃料ともに高めです。設備や内装も自由にできる分、設備投資に時間も資金もかかります。すべて自社でそろえないといけないので、特に賃貸当初はかなりの費用がかかってしまいます。また、一度内装や設備を整えてしまうとオフィスの移転も大変になってしまいます。事業拡大に伴い柔軟にオフィスを変えていくということがしにくくなり、事業を硬直的にしてしまうおそれもあります。事業を拡大、変更していくつもりがあるのならば、ある程度準備をしておくのが大切です。

Copyright© 2017 起業を検討しているなら賃貸オフィスを借りよう|注意点を確認 All Rights Reserved.