毛穴に負担をかけないケア法|肌トラブル回避で美しい肌をゲット

ニキビの跡を改善するには

顔を洗う

必要な効能とは

ニキビ跡のケアを行う際に選びたい化粧品は、色素沈着タイプならメラニンの排出を促して新たなメラニンの生成を抑えるタイプが有効です。茶色く色素沈着を起こしているのは、肌中で生成されたメラニンが上手く排出されずに肌に残ってしまっているからです。長く留まると色素沈着のリスクが高くなります。ニキビができている時には外的刺激に非常に敏感であり、ちょっとした摩擦や紫外線の影響によって大量のメラニンが生成されます。凹凸のあるニキビ跡なら、ピーリング化粧品が有効です。ピーリング自体も作用が大きく刺激が強いのですが、クレーター状のニキビ跡は古い肌細胞を排出させないと症状が改善されませんので、強制的に排出させるピーリングを行う必要があります。

刺激の強い化粧品はNG

ニキビ跡が残っている間は、基本的に刺激の強い化粧品を使うのは避けなければなりません。というのも、ニキビが治ったばかりの肌はまだバリア機能が整っておらず、通常では問題のないような刺激であっても過敏に反応してしまいます。刺激を与えることで新たなニキビ跡を作ってしまう恐れもありますので、できるだけ負担をかけないように気を付けなければなりません。そのため、敏感肌の人向けに作られた、刺激の少ない化粧品を選ぶことが大切です。様々な化粧品の成分や特徴をしっかりと確認してから使用することで、肌への負担を最小限に抑えることが可能となるのです。